美人UP!大人メイクアップがいつもの化粧品で手描きイラストでメイクについて基礎〜応用まで解説!新作の化粧品でなくても簡単により美しく!また、仙台ではパーソナルのメイク教室開催中!

顔のバランスの活かし方
バランスを理解したメイクの仕上がりは格段に美しくなります。


黄金比率

かならず黄金比に近づける必要もありません。ただ・・・
目指したい女優顔があれば違いを見つけメイクに活かしましょう。


Eライン

横顔のバランスで顔のメリハリが決まります。
ナチュラルでも口元を意識したメイクが大切です。


瞳のバランス

日本人の平均比率は1:1.5:1ですが、瞳比率をカラーコンタクトで1:2:1にすると、それだけでバランスの良い目元になります。


ほほの長さ

フェイスラインは頬の長さで決まります。
チークの位置を変える事で顔の形に変化が現れます。

JUGEMテーマ:メイクの参考書

錯覚を利用する
人間の目は物を修正して視ています。
この性質を活用するとメイクで顔を変化させる事が出来ます。


錯覚の種類

不注意性錯覚

対象物への注意が不十分のために起こる錯覚。
見間違い、聞き違い、人違いなど。

感動錯覚

恐怖や期待などの心理状態が知覚に影響を与える錯覚。
暗くて怖い場所を歩いていると、物の影が人影に見えたり、
流行っている物が輝いて視えても、流行が終わると・・・・

 生理的錯覚

対象がある一定の配置や状態にあると起こる錯覚。
イラストなどの幾何学的錯視で、誰にでもほぼ等しく起こる。


メイクアップでの活用

眉やアイライン、まつ毛で目の形を変化させてみせられる。
チークで顔の形を変化させてみせられる。
ノーズやファンデの工夫でパーツバランスが変化する。

JUGEMテーマ:メイクの参考書

似合う色の見極め方

色は濃さ、組み合わせ方で印象が変わってきます。
例えば、赤でも薄くなればピンク、濁れば茶色になるのです。


色の錯覚

色の組み合わせも対比の錯覚が起きる。
・明度対比▶明るい色と暗い色で見え方が変わる。
・彩度対比▶鮮やかな色と濁っている色で見え方が変わる。
・色相対比▶反対色同士で色の見え方が変わる。


肌の色

肌色の種類ピンク系、ベージュ系、オークル系の3色。
ピンク、オークルは色を選ぶが、ベージュは変化が少ない。
錯覚で肌がベージュ系にみえるように色を組み合わせると良い。


メイクの色

口紅、チークは肌色と相性の良い色を選ぶ。
ピンク系ならピンク味のある色、オークルならオレンジ味の色。
アイカラーは仕上がりたいイメージから色を選ぶのが良い。

少しだけ色の特徴を知ってメイクに活かしましょう。
メインページ→メニューページ→華やかな参考書→メイクで変身

JUGEMテーマ:メイクの参考書

1/1

ブログ ジャンル
大人のメイクうるおいの説明書ナチュラルな教科書華やかな参考書

<オリジナルサイト>
メイクアップスタジオCHIBA

Copyright(C)   メイクで変身 | 大人のメイクアップ教科書&参考書!『大メBlo 』【メイクアップスタジオCHIBA】 All Rights Reserved.
仙台市青葉区広瀬町7-13 tel022-797-2548